3つの部門により構成され、全学共通教育科目を運用するとともに、本学の教育改革を推進する中核的な組織です。
学内専用
下記項目を閲覧する場合は上のバナーからYINS-SSOにログインして下さい。
  • 学内専用
  • 学生学習状況
  • アンケート

第2回FD Cafeが終了しました!

 8月4日(木)17時より、T1号館のサイエンスカフェにて、第2回目のFD Cafeを開催しました。今回は、2010年度に実施した学生による授業アンケートの集計結果の一部を当センターの日永が紹介し、これに関する質疑応答から、学生の授業時間外の学習状況(学習時間や学習の場)について意見交換がなされました。

 学生が友人や先輩に聞きながら、共同学習を進めることに対し、「聞きっぱなしで、自分で調べて、本を読んで、問題に取り組もうというふうにならない」といった学生の学習行動に対する疑問が投げられました。他方、工学部にある「フィロス」という学習の場では「多様性が学生にうけているのでは。多様な刺激を学生が受けられ、できる子はより難しい本や問題を勧められたりしており、多様な勉強の仕方、多様な場で学生が学んでいるのでは」といった学習支援の様子の紹介もありました。

          
 最近の学生は、小学校、中学校、高校、塾・予備校などで、問題の答えの出し方を分かりやすく教えられており、それと同じことを常に求めているのではないかといった意見や、教科書そのものが分かりやすくまとめられており、単純化された(あるいは極端化された)「わかりやすさ」になれており、この「わかりやすさ」こそが「くせ者」ではないだろうか、といった意見も出されました。

 また途中では、前回のFD Cafeで話題になった「大学生の居場所」について、朝日新聞の教育欄で特集されていた甲南女子大学の事例がFDプロジェクト委員より紹介されました。

 
 話は尽きませんでしたが、あっという間に2時間を越え、終わる頃には甲府の美しい夜景が眼下に広がっていました。今回は、事務職員の方の参加もあり、意見交換に参加していただきました。FD Cafeはどなたでも参加していただけますので、教員のみなさまだけでなく、学生について日頃感じることなどを共有してみたいという職員のみなさまも是非ご参加下さい。

ڡƬ